個人と法人向けのパソコン!何が違う?

個人と法人向けのパソコンについて

企業がパソコンを導入するには家電量販店などで販売している個人向けモデルを購入する方法と、法人向けモデルを購入する方法があります。また法人向けパソコンをリースすることもできます。個人と法人向けモデルにはハードウェアとソフトウェア、価格などに違いが存在します。中小企業や個人事業主などでパソコンを導入する場合には、個人向けと法人向けの違いを確認することが重要です。法人向けモデルのノートパソコンには堅牢なものが多く、ABS樹脂やプラスチックが使用されています。個人向けと比較しては壊れにくいのが特徴です。画面の見やすさは個人向けでは綺麗に見えることが重視されますが、法人向けでは長時間使用しても目が疲れないことが重要とされます。省電力化が図られているモデルもあり、オフィスの電気代節約にもつながります。

個人と法人向けパソコンの様々な違い

法人向けパソコンは保守性が優れており、バッテリーやハードディスク、メモリーなどのパーツ交換がしやすいのが特徴です。業務を効率化するためには、パソコンのハードディスクの容量だけでなくメモリーが重要となります。メモリーは作業台のような役割を果すため、容量が多いほど様々な作業をスムーズにできます。法人向けパソコンの多くはメモリーを増設しやすい構造となっています。ハードウェアに不調が出た場合のサポート期間も法人向けでは1年を超えるのが一般的です。個人向けパソコンの多くはサポート期間が1年とされています。
インストールされているソフトウェアは個人向けの方が多く、法人向けは必要最低限のソフトのみです。OSも一世代前のものを使用し、価格を抑えているものが多く存在します。